ウィッグのお手入れ(シャンプー)の方法

毎日使うウィッグ、長く清潔に保つにはシャンプーは欠かせません。

ここでは図解と共にシャンプーのポイントを紹介していきます。

STEP1

ブラシでとかし、もつれやほこりを

取っておきます。ウィッグのピンは全て閉じた状態にしておきます。

STEP2

ウィッグシャンプーを適量取り、水またはぬるま湯に溶かします。5〜10分浸してから流水で十分すすぎます。

STEP3

ウィッグトリートメントも同様に水またはぬるま湯に溶かして1〜2分浸します。すすぎは不要です。トリートメントは主に毛に浸すようにご使用ください。

○トリートメント成分が残ることで、ツヤと潤いを与え、静電気の軽減につながります。


STEP4

ウィッグを乾いたタオルに包み込み水分を取ります。内側の人工肌部分が湿っている場合は、ドライヤーの冷風を使って内側から乾かしてください。

STEP5

形を整えてスタンドにのせ、自然乾燥させます。分け目があるウィッグの場合はスタンドに置く際、分け目をつけた状態で乾かすとスタイリングが簡単です。


●ご使用上の注意

●よくあるご質問

Q:ウィッグシャンプーはどれくらいの頻度でしたら良いでしょうか?

A:毎日着用する場合は週に1回程度シャンプーをしてください。

過度なシャンプーは毛を早く傷める原因となります。

Q:ウィッグの毛のもつれがひどいですがどうしたらいいですか?

A:基本は毛流れに沿って毛先を優しく、次に中間部から毛先に向かって少しずつ

とかしていきます。もつれがひどい時は、一度手でほぐしてからブラシを入れて

ください。

Q:ウィッグの静電気が気になります。

A:ウィッグを装着する前に、ウィッグ専用スプレーをまんべんなく吹きかけて

ください。髪に潤いが生まれて、静電気の発生を抑えるためウィッグの持ちが良く

なります。また、静電気除去機能のあるブラシを一緒に使用することでより快適に

使用出来ます。

Q:入浴時や就寝時もウィッグは着用しますか?

A:湯気の中での装着や枕との摩擦はウィッグを傷める要因となります。

入浴時・就寝時には使用しないでください。

 

Q:ウィッグの毛が縮れてきたのはどうしてですか?

A:これは摩擦や静電気が原因で起きる人工毛特有の傷みです。静電気防止のために

静電気除去機能のついたブラシを使用することがおすすめです。その際無理に毛を

引っ張ることは避けてください。

縮れのお悩みはお気軽にご相談ください。