ウィッグの準備~抗がん剤治療開始まで

ウィッグと治療の流れについてご紹介します。

①ウィッグを準備するタイミング

治療が決定してからウィッグの準備することをおすすめします。ご自身の髪型とウィッグを見比べながら試着・カットが出来る為です。また、少しでも早くウィッグに慣れていただくことをおすすめします。

脱毛前のウィッグ選びをおすすめします。

②抗がん剤治療投与開始

抗がん剤投与を開始してから約2週間程で脱毛が始まると言われています。ご自身の髪と抜けた髪が絡まる場合があるため、あらかじめ地毛を短めにカットしておくと、髪が絡まずに、シャンプーもスムーズに行うことができます。

また脱毛中は、自分で地毛を抜くと頭皮を傷める原因になりますのでお控えください。

長いヘアスタイルの方はあらかじめ短めにカットすることをおすすめします。


抗がん剤治療開始~脱毛開始まで

抗がん剤の種類や量にもよりますが、投与開始から約23週間前後で髪の毛が抜け始めます。

 

脱毛の際にご自身で抜いてしまうと、毛根が傷付いて回復が遅れ、くせが強い髪が生える原因になる可能性があります。

無理に抜かないようにしてください。

 

頭皮の皮脂量は額の2倍以上あります。また毛髪が無い場合でも頭皮は汚れますので、シャンプーはなるべく毎日行い、

清潔に保っておくことが大切です。

用意しておくと便利なアイテム

※脱毛時期は、使い捨てキャップのご使用がおすすめです。
 抜けた髪の毛を帽子がキャッチし、使用後は帽子ごと捨てることができます。


※脱毛時期は、お肌にやさしい低刺激のシャンプーがおすすめです。

 

※抗がん剤の副作用により爪がもろく、黒ずんで変色することがあります。

 毎日の手足の爪ケアがおすすめです。

 

治療を終えた後に髪型が作れる長さに戻るまで約1〜2年の間、必要になります。

(個人差があります)美来はその間素敵なウィッグライフが送れるようにサポートさせていただきます。